• 国際科学技術イノベーション拠点の形成が、

    日本・東北の明日を創る

    新しい東北創生をめざす「産学官グローバル・イノベーション・ゾーン」

    2013年8月、研究者で構成する「I LC戦略会議」が「国際リニアコライダー(I LC)」の国内候補地を北上(岩手県・宮城県)地域に決定しました。東北はこれを受けて、2030年を目標にILCをはじめとする加速器関連プロジェクトの誘致と関連産業の集積をめざし、新しい東北創生、そして日本再興に取り組んでいきます。

    全長31km~50kmの巨大地下トンネル内に建造される最先端施設「国際リニアコライダー」(ILC)が中核

    素粒子物理学実験のための国際共同プロジェクト。地下の巨大なトンネル内には世界の科学技術、モノづくり技術の粋を集めた最先端施設が設置されます。そこから新しい技術が生まれ、世界をリードする産業が生まれることも期待されます。

    ILCをきっかけに真の国際科学技術イノベーション拠点が東北に生まれる

    ILCの実現により、世界最高水準の科学技術と1万人規模の研究者とその家族が東北に集結します。さらに多くの短期研究者や企業技術者が交流することにより、国際科学技術イノベーション拠点が東北に生まれます。

  • Promotion Video: 

    Move Forward! 新しい東北 次代創生 (3分38秒)

    ILCの誘致に向けて産・学・官・草の根と多彩なムーブメントが起こる東北の様子をプロモーションビデオにまとめました。ILCとは何か、また東北のポテンシャルと魅力についても語られています。ぜひご覧ください。

  • 東北地域のポテンシャル

    加速器関連研究機関産業が関東~東北エリアに分布

    • KEKや理化学研究所など、我が国の加速器関連の研究拠点が東京以北には数多くあります。
    • 東北には最先端の加速器本体に関するサプライヤー企業や、金属加工等の要素技術を持つ企業など、加速器関連技術の集積が高いエリアです。

    産学官ネットワークと製造技術の集積

    • 国立大学をはじめ高度な研究成果と優秀な人材を育成してきた高等教育機関が東北エリアに充実しています。
    • 戦前から続く東北大学の産学連携の歴史や多くの留学生を迎えてきたオープンな文化は、次代の国際科学イノベーション拠点の礎となります。
    • 大手電機メーカーや自動車メーカーなどグローバル企業に部品等を供給する高度な製造技術を持つ企業が多くあります。
    • 東経連ビジネスセンターが持つマーケティング等の支援、専門家ネットワークが新技術の事業化を後押しします。

    安全安心な豊かな都市と利便性の高い交通インフラ

    • 5つの新幹線や空港、高速自動車道などのアクセスが充実しているため、首都圏や各中核都市間の人・モノの移動がスムーズです。
    • 政令都市・仙台をはじめ各都市で自然環境と利便性が共存したサステナブルな生活が実現できます。
  • 美しい自然と深い歴史

    • 日本初の世界自然遺産・白神山地、ラムサール条約・伊豆沼など、豊かな自然が息づく地域です。
    • 世界遺産・平泉文化をはじめ、北東北の縄文遺跡群など悠久の歴史を物語る史跡も多く残されています。

  • ILC Messages

    ※ATTENTION:以下のインタビュー画面は、Windows7でInternet Explorerによる視聴をすると、字幕表示に不具合が発生する場合がございます。その場合は、①まず、各画面中央にある再生ボタン▷をクリックする ②再生が始まると画面右下に出る「YouTube」のアイコンをクリックして、YouTubeでご覧いただくことで、正常に表示される可能性があります。

    千田ゆきえ氏

    半導体製造 ㈱千田精密工業 取締役

    引地智恵氏

    電源製造 工藤電機㈱ 代表取締役

    和山アマンダ氏

    岩手県 海外情報発信専門員

    スーパーサイエンスハイスクール 

    新潟南高校 参加生徒

    尾方アヤコ氏

    リノベーションデザインOGATA マネージャー

    稲葉雅子氏

    地域交流ツアー たびむすび 代表取締役

    二階堂玲子氏

    郷土料理 麺や文左 五代目

    ILCサポート委員会のみなさん

    2015年3月15日 第三回国連防災世界会議 パブリックフォーラムにて

    クラウス・シンラム氏

    ドイツ電子シンクロトロン(DESY)エンジニア

    クレイグ・マクドナルド氏

    クレレ 仙台イングリッシュ・ソリューション

    DESY

    ドイツ電子シンクロトロンのリサーチャー・エンジニア

    アンナ・トマス氏

    奥州市ILC国際化推進員

  • このウェブサイトについて

    このサイトは東北へのILC誘致プロモーションの一環として、東経連ビジネスセンターが東北ILC推進協議会との協力のもと、ILCの意義、ILC建設候補地としての東北地域のポテンシャルやILC招致運動の現地での盛り上がりなどを広く発信するために制作したものです。

     

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。